HOME>特集>料金が高い結婚相談所はどう?【きっと役立つ結婚相談所の豆知識】

目次

月会費とは何か?

結婚相談所に払う料金の内訳を見ていくと、月会費というものがあるでしょう。月会費は、その名の通り月額料金で、結婚相談所に入会したら必ず払わないといけないものです。毎月平均で、1万円~2万円程度とされています。しかし、年間で考えると、月1万円でも年間で12万円かかってくるのです。月会費だけが払う料金ではないので、できるだけ抑えたいと思う人も少なくありません。

成婚率が高い結婚相談所が持っている特徴

婚活には意外と多くのお金がかかるため、月会費を抑えたいと思うかもしれません。しかし、月会費が高いところほど評判高い結婚相談所であることが多いようです。その理由に、その高い費用を出せるのが経済力のある方であること。他に、サポートが付いてきてくれることです。月会費を安めに設定しているところは、その分サポートを省いていることもあり、婚活が長期化することも予想されます。短期間で婚活を終えるには、やはりサポートも重要になってくるため月会費を取るところはそれなりの成婚率を誇っているでしょう。また、平均より高い月会費をとっているところは、トータル費用も安くないので自ずとスペックの高い会員が集まりやすくなっています。

どうしても費用を抑えたいならデータマッチング型

しかし、評判が高い結婚相談所に入会したくてもいろんな事情で叶えられないこともあります。そのようなときは、結婚相談所でもデータマッチング型のところに注目してみましょう。結婚相談所には、仲介型とデータマッチング型とあり、これまで説明してきたものは仲介型になります。仲介型は、登録されたプロフィールからプロが相手を紹介し、お見合いなどのセッティングを行ってくれます。かわって、データマッチング型は相性の良い人を見つけても自分でお見合いなどをセッティングしていきます。サポート体制がほとんどなくなりますが、その分安くなるので費用を抑えることができるでしょう。

データマッチング型が向いている人とは?

データマッチング型が合う人は、費用を抑えたい人もそうですが、自由に婚活したい方に向いています。自分で積極的に動ける人なら、お見合いやデートなども自分達で設定できるので特に問題ないでしょう。ただ、逆に消極的な人は自分で動くことが難しいと感じやすいので、仲介型が向いているでしょう。自分の性格に合う方法で始めてもいいです。

広告募集中